私に刺激を与えた本と著者(ひと)

私のブログは読まなくても何の問題もありません。本は是非手に取って欲しいと思います。